ファクタリングはどんな会社におすすめか

ファクタリングは、取引で発生した売掛金をファンタリング会社に債権として売却し、支払期日前に現金化する資金調達法のことです。

日本では、サービスや商品を取引先に納入した後、すぐに現金をもらえるわけではありません。
請求書を発行し約束の期日にお金が振り込まれます。

支払期日までに急な資金が必要になることがあるでしょう。

この時、ファクタリング会社を利用することで即現金化ができます。

期日に取引先から入金があれば、そのままファクタリング会社へ送金すれば終了です。


手数料がかかるものの、即現金化できるので、資金力が低く資金繰りが厳しい中小企業や零細企業にはおすすめの資金調達法です。ファクタリングを利用するメリットですが、キャッシュフローが良くなります。本来であれば現金化は期日まで待たなければなりません。先に現金が手元に来ることで、急なトラブルに対応でき資金繰りが可能になります。

ファクタリングのランキングに関する情報探しのお役に立つサイトです。

銀行の融資ですと時間がかかり、審査に通らないこともあります。

比較的に簡単に契約できるというのは魅力でしょう。
さらに、負債にならないため貸借対照表に記載する必要がありません。


売掛金を買い取ってもらうというシステムのため、担保の必要もなく連帯保証の心配がないのが特徴です。銀行などから融資を断られたり、難色を示された場合は相談してみると良いでしょう。



会社の信用度ではなく売掛金のある取引先の会社の信用度を見ます。実績がある、大手である、取引先の信用度が高ければファクタリング会社の審査が通りやすくなります。



取引先との契約上、売掛金の回収までの期間があまりにも長い場合もおすすめです。

さらに、当面の資金がないため赤字倒産ではなく、黒字倒産になってしまう場合もおすすめです。