パワーコンディショナーパナソニック製の特徴

subpage01

パワーコンディショナーは太陽光発電をする際に作った電力を変換とコントロールをするために使われる機器です。

魅力の高いパナソニックのパワーコンディショナーの情報ならお任せください。

自然エネルギーとして注目されている太陽光発電ですが、ただパネルを設置して蓄電池に電気を貯めればすぐに使えるものではないです。なぜなら作った電池を家の中に入れなければならないのですが、電気は一定方向に流れる仕組みなので回路を作ってあげないと家に流すことが出来ないです。
そこでパワーコンディショナーが必要になります。



蓄電池から流れる電気を回路としてながすだけでなく、流した電気が流れすぎてしまわないようにコントロールする役目をになっています。



それだけにパワーコンディショナーの性能は太陽光発電において欠かせないツールであるため、核電化製品を作る企業はこぞって研究を重ねて日々進歩しています。

そのパワーコンディショナーを作っている企業の一つが大手パナソニックです。パナソニック製のパワーコンディショナーは小型軽量化しながらも従来どおりの性能を維持していることです。


一般的に使われるタイプは大きな機器を使うため置く場所が限られていたのです。

しかし現在では各家庭で設置しているところが増えているので、それにあわせて小型化に着手し成功します。


小型化することで屋根や庭など幅広く設置が可能なので発電量が安定するだけでなく、日々の開発によってこれまで弱点だった曇天の日でもほぼ変わらない出力で発電が可能になっています。さらに万が一故障したときや消費電力量を抑えたいときには、室内から停止などのコントロールできるコントローラーを設置しているので安心して使えます。

それがパナソニック製の特徴になります。